「布良」の綿花は有機栽培、
そしてていねいな手摘み、手紡ぎ。
人にも、生態系にもやさしくて、あたたかい。

「布良」の綿花は、有機肥料を施し、農薬を使わずに栽培した純粋なオーガニックコットンです。

しかも、ひとつひとつ手で摘み、手で紡いで糸にしています。

そのために、撚りは均一ではなく、表面はふんわりした仕上がりです。

「布良」は洗剤がなくても汚れを落とすことができます。

その秘密の一つは、吸水率が100%を優に越え(*)、十二分に水を含むことができる、

という特徴があるからなのです。

「布良」を使えば、洗剤やシャンプーを使うこともなく、水資源の汚染防止につながります。

そして「布良」に触れるたびに、使うごとに、身も心も包んでくれるような優しさが伝わってきます。

「体にも心にも、そして環境にもよい布」

その素晴しさが伝わるようにという想いをこめて「布良」という名前をつけました。

 

(*)吸水試験結果(愛知県三河繊維技術センター/平成五年)  布良のタオル127.1%、一般のタオル84.3% 

洗剤を使わなくても
きれいに、気持ちよく、健やかになる力が目覚めます。

「布良」は、洗剤を使わなくてもほとんどの汚れを落とす事ができます。

そのしくみは次の2つの作用の相乗効果により生まれます。

 

1)「布良」は手紡ぎで表面の撚りのやわらかな、ふんわりとした糸を使用。

127%も吸収率があるので、油汚れが布に入り込むことがなく、水を流しながら洗うだけで汚れが落とせます。

2)凹凸と荒く織り上げた布の摩擦力で、汚れをこすり落とすように取り除くことができます。

 

肌に負担をかけず、人間が本来持っている保湿力を損なうことなく、しっとりと洗い上がります

人々の健康と環境のために

布良は、石鹸もシャンプーも使わず全身洗えて、肌にも環境にも優しく、

さらに癒しのちからがあることがわかってきました。 

人と地球に優しい布良の秘密は、有機栽培された綿を手摘み・手紡ぎすることにあります。

布良は一般的なオーガニックコットンとはどう違うのでしょうか?

なぜ癒しのちからがあるのでしょうか?

★代表 前島によるコラム「布良のひみつ」もご覧ください。

\ 見て聴いて感じて、納得 /

布良のお話し会(つどい)では、
「なぜ、人の健康と環境のために布良が役にたつのか?」
そんなお話や自然と共存することの大切さなどをお話ししています。

ただ単にこの製品を使っていただくだけでなく、

「布良」の持つ意味を分かって使っていただくと

また別のことが見えてきます。

ホーム > 布良とは >

ふらの特徴

布良とは
nav_life.gif
nav_washing.gif

初めてのお客様へ

------------------------------------

ショッピングガイド

------------------------------------

会員ログイン

------------------------------------

WEB ショップ

​定価販売

ふらのわ会

〒104-0032

東京都中央区八丁堀1-11-5  奥山ビル3階
Tel : 03-5540-8511   Fax : 03-5540-8601
E-mail : hula@cu
re.ocn.ne.jp


© 2016-2021 ふらのわ Co., Ltd.